成績アップに繋がる家庭教師の選び方│個人契約と紹介業者の違いとは

基本的な特徴

勉強

小学校から中学校へ上がる際、普通は地域の公立学校へ入学します。中学までの間は義務教育なので、特に何かせずとも教育を受けられるため、公立学校以外を選択する家庭が少ないのです。しかし、公立ではなく私立の中学校を目指して中学受験をする場合もあります。受験は基本的には高校から行うものですが、私立でやっている中学校の教育を受けるためには、中学受験が必要となってくるのです。

中学受験を受けるには多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。メリットは、まず高い学力をつけることができるという点が挙げられます。公立中学とは違って私立中学では高校進学、大学進学を見越した教育が行われるため、一般的に教育のレベルが高いと言われています。また、大学進学を見越しているため、大学まで一貫した教育制度を行っているところであればもちろん、そうでない大学を目指すのだとしても、進学への準備がしやすい環境を手に入れることができます。また、学習環境がしっかり整っており、おのずと勉強に集中せざるを得ないため、不良など悪い影響を与える存在が少ないというメリットも考えられます。

反対にデメリットには、まずお金の問題があります。私立中学へ通うとなるとその学校が設定している授業料等を支払う必要が出てくるため、家庭に経済力がなければ通うことができません。また、勉強以外の時間を取りにくくなるという側面もあります。勉強は将来へつながるものですが、子どもとなると遊びたい盛りでもありますので、子どもの遊びたいという気持ちを抑制することにならないよう注意を払う必要があります。また、遊び以外でも、スポーツや文化活動に興味があっても十分な時間を確保できないというケースも考えられます。以上はあくまで概要ですが、このように、中学受験には大きなメリットがあるものの、気をつけなければならない点もあります。子どもに中学受験を受けさせるのであれば、こういった注意点をしっかり踏まえた上で、子どもともよく相談した上で決めることが重要です。