成績アップに繋がる家庭教師の選び方│個人契約と紹介業者の違いとは

塾を選ぶ

生徒

中学受験のために塾に通うというのは、今や当たり前の時代となりました。中学受験の場合、学校の先生に受験勉強を見てもらうということが難しいため、塾に通って学習するのが一般的になっています。そして、中学受験が成功するか否かは、その塾選びが何よりも重要と言われています。塾には大手の有名塾や個人経営の個人塾、そしてマンツーマンの個別指導塾の3つの種類が有り、どこを選ぶべきか迷うかと思います。では、この3つの塾の特性の違いについて知る事で、塾選びの参考としてみましょう。大手塾、個人塾、個別指導塾、この3つの塾にはそれぞれ傾向というものが存在します。また、大手塾同士や個別塾同士にも、お子さんと講師の相性というものが確実に存在します。

塾の特性はもちろん、お子さんの考え方や正確も考慮した上で選択する必要があります。現在、ゆとり教育が見直され、土曜日も授業を行うべきだという声が大きくなっています。そして、ゆとり世代は学力が低いと言われています。しかし、実際はゆとり世代だからといって学力が低いわけではないのです。ゆとり世代は、学力の高い生徒と低い生徒の幅が非常に大きくなっており、その落差が問題となっているわけです。ゆとり世代と呼ばれる子どもたちの中にも、ハングリー精神が旺盛で、ライバルのいるような環境だと、実力がさらに向上する子もいます。また、反対に多くの人がいると萎縮して、質問などができずに自分の実力をうまく発揮できないという子もいます。こどもの性格などを考えて中学受験対策の塾を選んでいきましょう。